アクセスランキング
FC2ブログ
ノエル曹長のお勧めこの一冊☆ベストセラーから掘り出し物まで☆ TOP  >  ガンダム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

機動戦士ガンダム ジオンの再興

ジオンの再興

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのは近藤和久機動戦士ガンダム ジオンの再興です。

本書は機動戦士ガンダムでの宇宙世紀正史において、TVアニメでは放映されていないアクシズの総帥ハマーン・カーンの死後~逆襲のシャアへのミッシングリンクを繋ぐ立ち位置で製作された作品であり、1988年のニュータイプ100%コミック版と2010年発行の角川コミックエース版が存在しています。

ガンダムのコミカライズや模型の世界では「近藤版ガンダム」というジャンルを築いている、近藤和久のセンスが本作でも遺憾なく発揮されており、その独特の筆致によってアニメでの描写とは異なる、劇画調でミリタリー風味の強い作風で描かれたガンダム世界は、現実とフィクションの垣根を下げて、作品に対して現実の戦記物を読んでいるかのようなリアリティーを感じさせてくれるものに仕上がっています。

本作は題名どおり、ジオン軍の立場から描かれており、逆襲のシャアでの隕石落としに備えて地上のジオン軍が宇宙へと脱出する撤退戦を描いていますが、ジオン軍のパイロット達の存在感が際立っていますね。

特に私が好きなのは通常指揮官用サザビーを駆るクルツ大尉とニュータイプ用MAであるG-3のパイロット「シリウスの魔女」マイヤーの2名ですが、共にジオンのエースパイロットとして物量に勝る連邦軍のモビルスーツ部隊に対抗する姿には非常にしびれてしまいます。

また、さすがに「近藤版ガンダム」というジャンルを確立した近藤和久の描くモビルスーツのフォルムも魅力的で、彼の独特の解釈によるサザビーやギラドーガ等は、かつてドイツ軍が使用したティーガー戦車のようにどこかアナログな雰囲気を漂わせており、フィクションでありながらも非常に重厚で現実的な雰囲気のある機体に仕上がっており、発表当時にジオラマ作例のモデルとして本書の名場面が多数使用されたのも納得です。

現在入手が困難になったニュータイプ100%コミック版に変わって出版された角川コミックエースの新装版では巻末に近藤和久のインタビューも掲載されており、既にニュータイプ100%コミック版をもっている方にも新装版を手に取っていただくことをお勧めします。

ミリタリー好きのガンダマーには本当にお勧めの一冊です。


機動戦士ガンダム ジオンの再興 (角川コミックス・エース 17-6)機動戦士ガンダム ジオンの再興 (角川コミックス・エース 17-6)
(2010/04/03)
近藤 和久

商品詳細を見る


スポンサーサイト

GUNDAM SENTINEL ガンダム・センチネル

ガンダムセンチネル

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのはガンダム・センチネルです。

本書はZガンダムで語られた、エゥーゴとティターンズによる地球連邦軍による内戦を、Zガンダムの本筋とは距離を置いた視点でジオラマと小説によって描いた1987年のModelGraphix誌上の企画をまとめ、1989年に大日本絵画より出版されたガンダム・センチネル企画の集大成と呼べる一冊となっています。

ガンダム・センチネルといってもTVアニメ化された企画ではないため、若い世代のガンダムファンはひょっとしたらスーパーロボット大戦などのゲームに登場するようなガンダム・センチネルの機体を見てもいまいちぴんと来ない方も多いのではないかと思いますが、今から20年以上前に、私の兄が買ってきた本書を見ていた私は「何だこれ、こんなかっこいいガンダムがあるのか!」
と非常に興奮した記憶があります。

当時はまだ小学生でしたので、TVで放映されているZやZZガンダム以外にこういった企画が存在するということは、はっきり言って守備範囲外でしたし、機動戦士ガンダム 逆襲のシャアによってリアル志向のモビルスーツに対する魅力を感じていた私にとっては、ガンダム・センチネルシリーズのモビルスーツやモビルアーマーのフォルムとその細かい設定に完全にやられてしまいました。

しかしながら、本書のジオラマを構成しているようなフルスクラッチモデルのうち、その後にプラモデルとして展開されたのはZプラスやSガンダムのような僅かなメイン機体にとどまってしまったために、本書で最もかっこいいと感じていたXEKU-ZWEI(ゼク・ツヴァイ)のようなニューディサイズ側のモビルスーツを手にすることは無く、実現することの無いキット化の夢もいつの間にか忘れ去っていました。

しかしながらGUNDAM FIX FIGURATION # 0013 ディープストライカーの発売によって、きれいに忘れ去っていたガンダム・センチネルに対する記憶が鮮明に蘇ってしまい、今度は兄の所有物としてではなく、自分の物として本書を購入することになったのですが、20年ぶりに見る本書もその企画の素晴らしさが色あせてしまうことは無く、逆に、今のガンダムシリーズとはまた違った、リアル路線であることに満足してしまうのは、私が重力に魂を引かれた「オールドタイプ」だからなのでしょうか・・・

今のガンダムしか知らない世代の人にも、「ガンダムはνガンダムまでだな」と思っている人にも是非読んでもらいたい一冊です、そういえば静岡のガンダムは来月までだったような気がしますので、見に行ってこないといけませんね。





ガンダム・センチネルガンダム・センチネル
(1989/09)
モデルグラフィックス

商品詳細を見る
[ 2011/02/10 22:53 ] SF書籍 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ノエル・ギャラード

Author:ノエル・ギャラード
197X年生まれ

全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1658位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
23位
アクセスランキングを見る>>
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。