アクセスランキング
ノエル曹長のお勧めこの一冊☆ベストセラーから掘り出し物まで☆ TOP  >  冲方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冲方 丁 天地明察

天地明察

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのは冲方 天地明察です。

本書は角川書店から2009年11月30日に発行され、第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞を受賞し,第143回直木賞の候補となったうえに、第7回北東文芸賞や第4回舟橋聖一文学賞といった様々な賞を受賞した作品ですので、書店に平積みになって大々的に売られているのを目にされた方も多いのではないでしょうか?

ちなみに著者の冲方 は「マルドゥック・スクランブル」などの作品で知られてはいましたが、この天地明察が著者にとっての初めての時代小説だったことから、時代小説しか読まないような方の中には
「新人なのにいきなりすごい作家が出てきたものだ」
と驚かれた方も多かったと聞きます。

私はもともと、「マルドゥック・スクランブル」等、冲方 の作品をいくつか読んでいましたので、この天地明察についても
「変わった題名のSF小説だな」
と時代小説だと意識せずに購入したものですから、中身を読んで驚いたことはいうまでもありません。

本作の主人公である、渋川春海は代々の囲碁の家である安井家に当主、算哲の長子として生れ、自身も囲碁の才能に恵まれながらも、囲碁よりも算術や天文暦にのめり込み、ついにはそれまでの日本の政や農作物の植え付けなど、様々な場面で用いられていた宣明暦を、授時暦をベースに日本向けに改良を加えて自らが考案した、大和暦への転換を果たすなど、囲碁棋士としてよりは、天文暦学者としての渋川春海の生涯を描いた、切り合いの無い時代小説となっています。

特に私が好きなのは、第二章での、これも渋川春海と同じく実在する数学者、関 孝和との算法勝負の場面名のですが、剣術ではなく算術による真剣勝負、というのが新鮮で、あっという間に読んでしまいました。

囲碁棋士や将棋棋士という人たちは基本的に理詰めでありながらどこか天才的な閃きによって局面を変えていくようなところがあり、現代の囲碁界では、七大タイトルグランドスラムを果たした趙治勲二十五世本因坊や、山下敬吾本因坊、また将棋会においては将棋界で初の7タイトル独占を達成した羽生善治名人などは、やはり常人には思いもつかないような思考回路を持った天才であり、渋川春海もそういった人種だったからこそ、新たな暦の作成という大事業を完遂できたのではないかと思います。

私は将棋が好きなので囲碁や将棋の話題が出てくるとうれしくなってしまうのですが、そうでない方にとっても、どこかSF的な要素を持った新しい時代小説として楽しんでもらうことが出来るお勧めの一冊です。


天地明察天地明察
(2009/12/01)
冲方

商品詳細を見る


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
[ 2011/02/06 19:32 ] 小説 時代・歴史小説 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ノエル・ギャラード

Author:ノエル・ギャラード
197X年生まれ

全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2049位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
24位
アクセスランキングを見る>>
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。