アクセスランキング
FC2ブログ
ノエル曹長のお勧めこの一冊☆ベストセラーから掘り出し物まで☆ TOP  >  山野井泰史

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

岳人備忘録―登山界47人の「山」

岳人備忘録―登山界47人の「山」

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのは岳人備忘録―登山界47人の「山」です。

本書は東京新聞から刊行されている雑誌「岳人」に連載されている人気コーナー「30の質問」と「備忘録」を一冊にまとめたもので、日本の登山界をリードする47人の山への思い、言葉を聞かせてくれます。

47人の最初は、K2の南南東リブ単独初登やギャチュン・カン8000m北壁第2登という素晴らしい実績を持ち、ヒマラヤの8000m峰において、主に単独での挑戦を繰り返してきた山野井泰史への「30の質問」となっています。
この「30の質問」は、やはり山へ対する理解の深い「岳人」からの質問だけあって、非常に興味深い内容のものばかりなのですが、山野井泰史の回答はいたって自然体で、特に印象に残った質問として

・恐怖との山野井式付き合い方。

出発一週間ぐらい前から緊張が始まり、明日は成田ってときはすごく怖くなるけど、恐怖を排除しようとは思わない。恐怖も楽しみのひとつですから。

とさらっと答えていますが、彼の著書、垂直の記憶―岩と雪の7章でも語っているようにどこまでも自然体で山と向き合っているのだなぁと、ますます憧れてしまいますね。

私も、スケールは全く違いますが、基本的には単独で山へ行く事が多く、天候が悪くなったときにテントの中で夜明けを待っているときや、雪崩の起きそうな沢を横切らなくてはいけないとき等、恐怖を感じる場面も多く、こんな場所で怖いと思っていたら、とてもヒマラヤの8000m峰なんて無理だ・・・
と毎回、挫けてしまいますが、あの、山野井泰史も恐怖を感じるんだなと思うと、ちょっと不思議な感じです。

本書は、世界のトップクライマーの一人である、平山ユージや小山田大など、そうそうたるメンバーの生の声を知ることができ、彼らのようなプロフェッショナルの言葉を聞くことで、自分の持っている登山という行為に対する認識をあらためて見直すことが出来る、登山を趣味とする人にとっては非常にお勧めの一冊です。



岳人備忘録―登山界47人の「山」岳人備忘録―登山界47人の「山」
(2010/10/21)
山本修二

商品詳細を見る



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
[ 2011/02/05 20:49 ] ノンフィクション | TB(0) | CM(0)

山野井泰史 垂直の記憶―岩と雪の7章

垂直の記憶

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのは山野井泰史垂直の記憶―岩と雪の7章です。

本書は、1994年にチョ・オユー(8201m)南西壁単独初登、2000年、K2(8611m)南南東リブ単独初登、ギャチュン・カン(7952m)北壁第2登といったヒマラヤの8000m峰において非常に過酷な挑戦を繰り返してきた日本を代表するトップ・クライマーである山野井泰史の手による登攀の記録です。

山野井氏の特筆すべき記録としてはやはり数多くの単独登攀にあり、スポンサーが付くような大遠征隊を率いた登山とは一線を画するスタイルで、数々の危険なルートを登っている点でしょう。
もちろん大遠征隊を率いるスタイルであってもヒマラヤの8000m峰という常人の想像の域を超えるような過酷な場所では誰にも死の危険はあり、8000m峰の制覇という行為は全て賞賛に値するものであると思います。

しかし、パーティーを組んで登る場合と、単独で登る場合の決定的な違いは「誰も助けてくれない」所にあるのでは無いでしょうか?
私自身、昨年より冬山登山(アルパインスタイルではありませんが)を始め、1月の槍ヶ岳や2月の富士での単独行を経験しましたが、「一人」というのは本当に恐ろしいものです、もちろん一人で山に入ることでパーティでの登山では味わうことの難しい「孤独感」や「自分の技術だけが頼り」といったものを味わいたくて一人で行くのですが、それでも、小規模とはいえ雪崩を経験したり、暖冬の影響で2月末の富士では雨に降られて低体温症になりそうな状態で下山している最中などはやはり怖いと思ったものです。

国内の3000m級の山であってもそのような感覚を覚えた私にとってはK2(8611m)南南東リブ単独初登などは正気の沙汰では無いと思ってしまいます。
やはり根本的な思考回路が違うのだろう、と勝手に納得してしまおうとするのですが、そこまでして過酷な登攀を行っている山野井氏の思考とその生活の一端を本書では垣間見ることが出来ます。
登山をされる方はもちろん必読ですが、登山とは無縁な方も、日本を代表する一人のスペシャリストの人生の一部に触れることで、日々自分がなすべきことについて意識させられる本だと思います。

垂直の記憶―岩と雪の7章垂直の記憶―岩と雪の7章
(2004/03/01)
山野井 泰史

商品詳細を見る

[ 2011/01/03 04:21 ] ノンフィクション | TB(0) | CM(0)
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ノエル・ギャラード

Author:ノエル・ギャラード
197X年生まれ

全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
26位
アクセスランキングを見る>>
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。