アクセスランキング
FC2ブログ
ノエル曹長のお勧めこの一冊☆ベストセラーから掘り出し物まで☆ TOP  >  音楽

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スカー・ティッシュ アンソニーキーディス自伝

scartissue

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのはスカー・ティッシュ―アンソニー・キーディス自伝です。

アンソニー・キーディスと言えば世界最強バンドとも言われる、レッド・ホット・チリペッパーズのボーカルとして、またその作品のほとんどの作詞を手がけるソングライターとして絶大な存在感を示していますが、本書は彼の生い立ちを彼自身の語りによって本当に赤裸々に綴った、アンソニー・キーディスというミュージシャンにについて深く知るためには必須アイテムともいえる自伝となっています。

レッド・ホット・チリペッパーズというバンドは、メンバーの死や脱退によって、その誕生以降、何度かメンバーが入れ替わっていますが、アンソニー・キーディスと、ベーシストのフリーの二人はオリジナルメンバーとして常に中心にいるわけですが、正直なところ、アンソニーとフリーのどちらが欠けることになってもレッド・ホット・チリペッパーズは成立しないといえます。

個人的には、ドラムのチャドと前ギタリストのジョン・フルシアンテを加えた4人の状態こそ最高のレッド・ホット・チリペッパーズだと思っていたのですが、残念ながらジョン・フルシアンテが自身の音楽を追求したい、という前向きな理由で脱退し、現在のギターはジョシュ・クリングホッファーが勤めていますので、今後のレッド・ホット・チリペッパーズの音楽性がどういった変化を見せていくのかという点にも注目しています。

しかし、このアンソニーですが、個性的なレッチリのメンバーを束ねているだけのことはあって、大変むちゃくちゃな人生を歩んでいるのですが、実の父親はドラッグのディーラーで、アンソニー自身も若くしてドラッグにはまっていたり、初体験の相手も父親のガールフレンドだったりと、本書において、惜しげもなく自分をさらけ出しているのですが、私がこのアンソニー・キーディスというミュージシャンを本当の意味で好きになったのは、7枚目のアルバム「カリフォルニケイション」の中の一曲でアルバムのタイトルにもなっている「カリフォルニケイション」において「Cobain can you hear the spehere(コバーン、星の音が聞こえるかい?)」と亡くなったNIRVANAのカート・コバーンに捧げるフレーズを歌っているという事実に気が付いたからです。

NIRVANAもレッチリも非常に素晴らしいバンドですので、元々どちらも聞いてはいたのですが、初期のレッド・ホット・チリペッパーズがどちらかというとメロディーで聞かせるというよりはファンキーなノリを得意とするバンドでしたので、それほどのめり込むことは無かったのですが、ジョン・フルシアンテのギターにアンソニーの甘いボーカルでカートの事を歌う「カリフォルニケイション」を聞いて一気に好きになってしまったのです。

そういったバンドの変遷や、様々な歌詞にこもっている思いも、アンソニー・キーディスという繊細な人物を知るほどに強く感じ取ることが出来るような気がします。

レッド・ホット・チリペッパーズを好きな方には是非読んでもらいたいお勧めの一冊です。





スカー・ティッシュ―アンソニー・キーディス自伝スカー・ティッシュ―アンソニー・キーディス自伝
(2006/12/01)
アンソニー キーディス; ラリー スローマン

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2011/02/09 21:32 ] 一般書籍 音楽 | TB(0) | CM(0)

ジョン・フルシアンテ・スタイル シンコー・ミュージックMOOK STYLE Series1 John Frusciante STYLE

ジョン・フルシアンテスタイル

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのはシンコー・ミュージックMOOK STYLE Series1ジョン・フルシアンテ・スタイルです。

洋楽好きな方には説明不要な、元、レッチリことレッド・ホット・チリペッパーズ(RHCP)のギタリスト、ジョン・フルシアンテです。

趣味でギターを弾いている私にとってはNIRVANAのカート・コバーンと、このジョン・フルシアンテの二人がギターゴッドと呼べるような存在になるのですが、カート・コバーンが既にこの世を去り、また、カート・コバーンの魅力はそのギターのテクニックというよりは、楽曲の破壊的な美しさと、カートの魂を搾り取るかのように歌う彼の姿そのものだったのに対して、もう一人のギターゴッド、ジョン・フルシアンテはまさにギターのテクニック、楽曲の美しさ、そしてフェンダーの62年製ストラトキャスターを弾く彼の姿そのものが神々しさすら感じさせる存在です。

残念なことに2009年の12月にレッド・ホット・チリペッパーズを脱退し、現在はジョン・フルシアンテとして、ソロ活動を主体としています。

彼も、カート・コバーンと同じく、ドラッグに溺れた時期を経験し、一時はバンドから脱退した上に、廃人のようになっていたようですが、アルバム「カリフォルニケイション」発表の頃にレッド・ホット・チリペッパーズへ復帰して「枯れたギター」ともいわれるような独特の音色と、これまで以上に美しいメロディを聴かせてくれる超絶ギタリストとなって帰って来たときは本当に涙が出るような思いでした。

私は基本的に何事も形から入るタイプの人間なのですが、現在使用しているフェンダーのジャガーやギブソンのレスポールの他にもう1本、絶対に所有したいギターとして挙げるとしたら、彼、ジョン・フルシアンテの使用する、フェンダーのストラトキャスターは外せません。

という私はいまだにストラトキャスターを持っていないのですが、その理由はいたって簡単で、私がジョン・フルシアンテの作った曲をまともに一曲も弾けないために、どうにも気後れしてしまうのです。

NIRVANAであれば、曲の破壊的な雰囲気を再現するのは無理としても、「Abouto A Girl」のように、曲の作りとしてはさほど難易度の高いものでは無いものも多く、フェンダーのジャガーを使って、カート・コバーンに浸ることが出来ますし、ギブソンのレスポールもカリフォルニアのパンクバンド、BAD RELIJONのギタリストであるブライアン・ベイカーになりきってかき鳴らす事も可能です。

しかしながら、ジョン・フルシアンテの曲にいたっては、さすがにジョン自身がギター中毒とも言えるような練習の虫であり、18歳までの数年間は毎日、起きている間中、ずっとギターを弾き、あのフランク・ザッパのオーディションで、ザッパの目に留まるほどのテクニックを持ったギタリストですので、彼の曲を弾くことが出来るのはいつになることか・・・という状態なので、年間で1000時間を名曲「カリフォルニケイション」の練習に費やし、満足に弾くことが出来るようになった暁には、楽器屋で
「ストラトキャスターを試奏したいのですが」
と「カリフォルニケイション」を弾ききってやるぜ、とささやかな野望に燃えています。

そんな訳で今は、まだ手に入れることの出来ないストラトキャスターを中心に、どうやったらジョンの音を再現できるのか?とテクも無いくせにこういった本を読んでは思いを馳せているわけです。

ジョン・フルシアンテはギターの上手さもすごいのですが、エフェクターの使用量が半端じゃないことでも有名なので、ジョンと同じエフェクターをそろえるのには、いったいいくらかかるのでしょうか?

とにもかくにもジョン・フルシアンテをコピーしたい!という方にも、単純にジョン・フルシアンテが好きだ!という方にもお勧めの一冊ですが、ジョン・フルシアンテをコピーしたい!という人は練習も忘れずに・・・




ジョン・フルシアンテ・スタイル (シンコー・ミュージックMOOK STYLE Series # 1)ジョン・フルシアンテ・スタイル (シンコー・ミュージックMOOK STYLE Series # 1)
(2007/06/15)
不明

商品詳細を見る


[ 2011/02/08 22:01 ] 一般書籍 音楽 | TB(0) | CM(0)

NIRVANA ニルヴァーナ全曲解説シリーズ

NIRVANA

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのはシンコーミュージックエンターテイメント発行の全曲解説シリーズニルヴァーナ です。

以前紹介したCOBAIN UNSEEN カート・コバーン 知られざる素顔はカート・コバーンの個人的な創作物や、彼の個としての記録をメインにした書籍でしたが、本書はニルバーナ(NIRVANA)として公式にリリースした音楽的な創作物の詳細な解説を行った書籍です。

私はNIRVANAの楽曲ではAbouto A Girlが最も好きです。NIRVANAの楽曲はカート・コバーンの破壊的な衝動から叫ぶように搾り出されるSchoolのような曲と、Abouto A GirlのようにPOPでありながらもその歌詞によってカート・コバーンの悲壮感を表した類のものとが一枚のアルバムの中で同居していて、その振れ幅の大きさが個々のアルバムを大変に魅力的なものにしていると感じています。

現役のバンドであれば、その存在を彼らの姿や、その音で知ることが出来るのでしょうが、カート・コバーンが亡くなった今は、NIRVANA好きとして、彼らの残した素晴らしい作品の一つ一つにあらためて思いを馳せるためにも、その楽曲と合わせて入手しておきたい一冊です。

ニルヴァーナ ─ 全曲解説シリーズニルヴァーナ ─ 全曲解説シリーズ
(2006/03/01)
マーク ペイトレス

商品詳細を見る

[ 2011/01/22 20:01 ] 一般書籍 音楽 | TB(0) | CM(0)

Nirvana COBAIN UNSEEN

COBAIN UNSEEN

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのはチャールズ・R・クロスCOBAIN UNSEEN カート・コバーン 知られざる素顔です。

ニルヴァーナといえば、まさに時代を変えた非常に重要なバンドであり、その中心にいたカート・コバーンも当時の音楽シーンに多大な影響を与えたミュージシャンの一人ですが、本書はまさにそのカート・コバーンの個人的な創造物を網羅しようとした、いわばカートの生きた記録ともいえる書籍となっています。

私が説明するまでも無く、Nirvanaというバンドはネヴァーマインドの発表によって一気に頂点へ上りつめ、カート・コバーンの自殺というショッキングな幕引きとなったバンドですが、カート・コバーンによる繊細なメロディと彼らの暴力的な音の生み出したとてつもないエネルギーは、彼らの長いとは言えない活動期間に反して、今も様々な方面で影響を及ぼしています。
[ 2010/12/27 23:55 ] 一般書籍 音楽 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ノエル・ギャラード

Author:ノエル・ギャラード
197X年生まれ

全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
25位
アクセスランキングを見る>>
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。