アクセスランキング
FC2ブログ
ノエル曹長のお勧めこの一冊☆ベストセラーから掘り出し物まで☆ TOP  >  エッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

森博嗣 工作少年の日々

工作少年の日々

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのは森博嗣工作少年の日々です。

本書はこれまでに紹介したスカイクロラシリーズの著者である森博嗣が「小説すばる」誌上で2002年より約1年半の期間で連載した彼の私生活が、膨大な創作意欲に満ち溢れた非常に羨ましいばかりのものであるかを私達に自慢するために書かれたエッセイです。

と書いてしまいたいくらいにやっぱり羨ましいのですが、そもそも彼の言葉を借りるとすれば「生れたときから、どんどん減っていくのが残り時間である。毎日二十四時間という持ち分は、世界中の人間が等しく同条件。これをどう活用するかは、現代においては、基本的に個人の自由である。国民の義務として、何時間は労働をしなければならない、とか、睡眠時間を何時間以上取らなければ保険の対象とならない、などといったルールは今のところ聴いたことがない」と言うわけで、彼の生活を羨んでいる間にも私の持ち時間は消費されていってしまうのだから、やっぱり私も好きなことをして生きていったほうが良い、と言うことになるのでしょう。

彼の作品を読んでいる方は、森博嗣という作家が大学の助教授としての活動の傍らで、ビジネスとして小説を書いていると公言している作家であることや、大変に多趣味であることをご存知だと思いますが、彼の作品に共通するルールや様々なこだわりを見る度に森博嗣という人は「遊びを最大に楽しむ為の技術」を身に着けているのだなぁと本当に感心してしまいます。

私も様々な趣味を楽しんでいますが、彼の作品に触れる度に「楽しみ方が甘い」自分を痛感してしまいます。


工作少年の日々 (集英社文庫 も 24-2)工作少年の日々 (集英社文庫 も 24-2)
(2008/01/18)
森 博嗣

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2011/01/18 22:56 ] 一般書籍 エッセイ | TB(0) | CM(0)
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ノエル・ギャラード

Author:ノエル・ギャラード
197X年生まれ

全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
25位
アクセスランキングを見る>>
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。