アクセスランキング
ノエル曹長のお勧めこの一冊☆ベストセラーから掘り出し物まで☆ TOP  >  スポンサー広告 >  小説  >  SF小説 >  SF ナ・バ・テア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SF ナ・バ・テア

ナ・バ・テア

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのは森博嗣ナ・バ・テアです。

本作はスカイ・クロラシリーズの第二作となり、シリーズの時系列的には最も古い作品として「ティーチャ」と「クサナギ」の出会いが描かれています。

本作でのクサナギの一人称が「僕」であるために、「クサナギ」が彼なのか彼女なのか、またシリーズにおいて、今、一人称で話しているのは誰なのか?
そういった疑問や混乱、は本シリーズを読み進めるうえで何度も出てくるかも知れませんが、ブーメランというコードネームについて覚えておくと、本作以降も読み進めるうえでの手がかりとなるのではないでしょうか。

本作での「ティーチャ」はシリーズを通しては数少ない大人の男のパイロットとして空に上がり、凄腕のパイロットとして恐れられ、憧れの対象として描かれていくのですが、このナ・バ・テアにおいては、「クサナギ」の尊敬する味方として、そして・・・

と後はとにかく読んでください、となってしまうのですが、なぜ「ティーチャ」が後に「クサナギ」の側から去っていったのかは、本作の中での、このやり取りからほんの少しだけ感じ取ることができると思うのは、勘違いでしょうか?

「感謝します。助かりました。どうもありがとう、今度、お礼になにか奢ります」

「クレイジィだな」

「は?」

「いや、悪かった」

このシーン、深いです。
関連記事
[ 2010/12/20 22:22 ] 小説 SF小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ノエル・ギャラード

Author:ノエル・ギャラード
197X年生まれ

全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
17位
アクセスランキングを見る>>
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。