アクセスランキング
FC2ブログ
ノエル曹長のお勧めこの一冊☆ベストセラーから掘り出し物まで☆ TOP  >  スポンサー広告 >  コミック・漫画  >  歴史漫画 >  センゴク外伝 桶狭間戦記 3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

センゴク外伝 桶狭間戦記 3巻

桶狭間戦記3

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのはセンゴク外伝 桶狭間戦記(3) (KCデラックス)です。

※ネタバレ注意

この3巻にてついに信長が尾張を統一することとなるのですが、作中の信長が「我の土下座は死にゆく者か我が殺すものにのみ」と語った後、その言葉通りに、殺す者に対して土下座をしてみせることとなります。まずは自らの主家である下尾張の守護又代、清洲織田家当主、大和守信友に対して土下座をしてみせるのですが、大和守信友に尾張守護職、斯波義統を討たせ、守護職の仇討ちという大義名分を持って、大和守信友を討つ。

また、大和守信友を討つ際に自身に加勢した、叔父・信光に対しても、尾張に対する信長の支配力を磐石とするべく、謀殺するのですが、その直前にも「此度の加勢・・・・痛み入い申す」とお礼とともに土下座をする、そんな鬼気迫る謀略戦で明け暮れる、信長の半生の前半戦が描かれています。

その間に、もう一方の主役である今川義元は、「今川仮名目録追加」を記し、守護不入権を否定することで名実共に戦国大名として天下にその名前を轟かせ、あの武田、北条との三国同盟を締結するなど、尾張一国の内乱に明け暮れる信長とはスケールの違った活躍をしている訳です。

まあ、信長とは違い、義元の場合は今川家の主家筋の生れであるので、立場がそもそも違うのですが、それでもこの作品における義元のかっこよさには溜息が漏れてしまいますね。

次の4巻からは、いよいよ尾張を統一した信長と、天下を狙う義元がかの地「桶狭間」へと向かっていくことになるのですが、結果を知っているだけに、この今川義元のかっこよさが非常に悲しくもあります。

信長の家臣、平手政秀の見事な忠臣ぶり、今川・武田・北条の善得寺の会盟、そして義元による、武田、上杉の第二次川中島合戦に対する調停など、見所を挙げるとキリがありませんが、桶狭間戦記のクライマックスといっても過言ではないこの3巻、お勧めです。

センゴク外伝 桶狭間戦記(3) (KCデラックス)センゴク外伝 桶狭間戦記(3) (KCデラックス)
(2010/06/04)
宮下 英樹

商品詳細を見る


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ノエル・ギャラード

Author:ノエル・ギャラード
197X年生まれ

全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
25位
アクセスランキングを見る>>
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。