アクセスランキング
FC2ブログ
ノエル曹長のお勧めこの一冊☆ベストセラーから掘り出し物まで☆ TOP  >  スポンサー広告 >  一般書籍  >  写真集 >  スモールプラネット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スモールプラネット

スモールプラネット

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのは本城 直季の写真集small planetです。

この写真集は2006年にリトルモアから発行され、2006年度の第32回、木村伊兵衛写真賞を受賞した本城 直季の第一作目となる写真集です。
いまはiPhoneのアプリなどでも一般的に広まった感のある「ミニチュア風」の風景写真ですが、当時、初めて本城 直季の作品を目にしたときには
「リアルなジオラマだな」
と、それが本物の風景ではなく、ミニチュアの模型によるジオラマを撮影したものだと勘違いして、その精巧なジオラマは誰が製作したものだろうかと、全く当て外れの検索をしてしまったことを思い出します。

このsmall planetに収められた68点の写真を眺めるたびに、「ウォーリーを探せ」の実写版ってこんな感じだろうなと思っていたり、ミニチュアとなった人物を俯瞰で眺めていますが、彼らの一人一人はしっかり生きていて、そこでは何かが起こっているのだと思うと、本城 直季のセンスと技術の素晴らしさを十分に感じることの出来る一冊だと思います。

本城 直季によって「ミニチュア風」写真の撮影方法が一般に広まった後は、まず一眼レフで写真を撮っているような写真好きがCanon TS-E24mm F3.5L IIのようなチルト・シフトレンズによる撮影が一気に広まって、今ではコンパクトカメラや、携帯電話のカメラでも「ミニチュア風」を撮ることが出来るようになったことを考えると、small planetという写真集は大変な影響力をもった写真集だといえるのではないでしょうか?

しかし、収められた写真のどれもが、構図や色合いなどを含めて、ミニチュア感の面白さ以外にも一つの作品として非常に面白い写真になっているあたりは写真家、本城 直季の実力発揮というところでしょう、本書を手に取ったことの無い方は、是非一度、本物の「ミニチュア風」作品の数々をご覧になってみてください、お勧めです。


small planetsmall planet
(2006/04/08)
本城 直季

商品詳細を見る


関連記事
[ 2011/02/13 16:46 ] 一般書籍 写真集 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ノエル・ギャラード

Author:ノエル・ギャラード
197X年生まれ

全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
25位
アクセスランキングを見る>>
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。