アクセスランキング
FC2ブログ
ノエル曹長のお勧めこの一冊☆ベストセラーから掘り出し物まで☆ TOP  >  スポンサー広告 >  コミック・漫画 >  邪眼は月輪に飛ぶ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

邪眼は月輪に飛ぶ

邪眼は月輪に飛ぶ

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのは藤田 和日郎、邪眼は月輪に飛ぶです。

本作は、2007年に小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」誌上で短期集中連載された、藤田和日郎の初の青年誌での連載となるのですが、私としては藤田和日郎は「うしおととら」や「からくりサーカス」のような少年サンデーでの連載作品においても、作品の主題や、登場人物の感情の機微など、もともと青年誌向きな作家だと思っていますが、現在は「月光条例」を再び少年サンデーにて連載中のところを見ると、本人は少年誌が好きなようです。

まあ、少年誌、青年誌、といっても、ジャンプの黄金時代などを子供の頃に経験した私のような世代が、今も少年誌を呼んでいたりしますので、実際にはさほどの違いは無いのかも知れませんが、正直なところ、年々、少年誌での連載作品で読みたいと思える作品が減ってきているので、またいつか青年誌でも連載してもらいたいところです。

しかし、この、邪眼は月輪に飛ぶという作品も藤田 和日郎テイストの非常に濃い怪奇漫画というか、妖怪の類を登場させているものの、あくまで主役は人間だぞ、とでも言わんばかりに登場人物の個性が強く、魅力的です。

うしおととら」においての敵役である「白面の者」が全ての妖怪の存在が些細なものと思えるほどの大妖怪であったのに対して、今回は一匹の梟が相手となります。

さすがにただの梟ではなく「見ただけで相手を死に至らしめる」厄介な力を持っている訳ですが、その厄介な梟を相手に、腕利きの猟師であるが偏屈な鵜平と、祈祷師である娘、輪のコンビ、またCIAやデルタフォースが入り乱れた展開は非常にスピード感があり、「うしおととら」や「からくりサーカス」のような長期連載作品において時折見られた中弛みのような部分が一切無いことも、一巻で完結という本作の大きな魅力です。
しかし、藤田和日郎の作品の魅力は、勢いのある絵やその展開ももちろんですが、登場人物の抱える人間としての悩みや弱みといったところを乗り越えていく過程をしっかりと描いているところでしょうか?

そういった部分については実際に読んでいただくとして、「藤田和日郎って面白いって聞くけど、うしおととらからくりサーカスも長いからなぁ」と遠慮してしまっているあなたは、是非、本作を読んで藤田和日郎テイストを味わってみてください。




邪眼は月輪に飛ぶ (ビッグコミックス)邪眼は月輪に飛ぶ (ビッグコミックス)
(2007/04/27)
藤田 和日郎

商品詳細を見る
関連記事
[ 2011/02/15 19:49 ] コミック・漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ノエル・ギャラード

Author:ノエル・ギャラード
197X年生まれ

全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
25位
アクセスランキングを見る>>
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。