アクセスランキング
FC2ブログ
ノエル曹長のお勧めこの一冊☆ベストセラーから掘り出し物まで☆ TOP  >  スポンサー広告 >  一般書籍  >  専門書 >  図解 日本刀事典―刀・拵から刀工・名刀まで刀剣用語徹底網羅!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

図解 日本刀事典―刀・拵から刀工・名刀まで刀剣用語徹底網羅!!

日本刀事典

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのは図解 日本刀事典です。

本書は学研から発行されている歴史群像シリーズの編集部により編纂された日本刀にまつわる用語を詳細に解説した用語辞典となっており、単なる刀剣の解説書や図鑑と異なる点としては、索引による検索によって、日本刀に関する用語を検索することが出来るため、時代小説などで日本刀の描写が出てきたときによく分からない用語やイメージしづらい用語、また、刀匠の名前などが登場した際に本書が手元にあれば一発で満足のいく答えを見つけることが可能な優れものです。

そもそも日本刀の世界というのは非常に奥が深く、また間口も狭いために時代小説や歴史小説が好きな方であっても実物を手にすることはあまり無いのではないかと思います。

幸いにも私は父方の先祖が刀匠であったことや、叔父が収集している刀剣類を実際に手に取り、間近に見ることの出来る環境が身近にありました。

そのため、時代小説などを読んでいて、日本刀の重さについて語った場面や、その切れ味の描写などが登場したときなど「鉈の重さに剃刀の切れ味」といった日本刀の特徴をイメージすることが出来、その刀身の美しさや拵えの緻密さなどについても自分の目で確かめる事も出来ます。

しかし、いかんせん刀剣の用語となると、古刀や新刀、新々刀、さらには刀匠の名前や業物位列など、頭の中に収めておくにはあまりにも膨大な情報と様式ですので、こういった本が必要となるのもうなづけます。
また、日本刀に由来する慣用句など、日本刀好きにとっては刀剣について隅から隅まで解説している本書は必携の一冊と言えるでしょう。

ちなみに私が好きな日本刀は国宝の「大般若長光」です、長船派の長光により造られ、足利将軍-三好長慶-織田信長の手を経て徳川家へと贈られた鎌倉時代の名作ですが、当時600貫の高値がついたことにちなんで、大般若経600巻にかけて付けられたその名に恥じない非常に美しい刀ですね。




図解 日本刀事典―刀・拵から刀工・名刀まで刀剣用語徹底網羅!!図解 日本刀事典―刀・拵から刀工・名刀まで刀剣用語徹底網羅!!
(2006/12)
銀座長州屋

商品詳細を見る


関連記事
[ 2011/02/18 23:01 ] 一般書籍 専門書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ノエル・ギャラード

Author:ノエル・ギャラード
197X年生まれ

全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
25位
アクセスランキングを見る>>
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。