アクセスランキング
FC2ブログ
ノエル曹長のお勧めこの一冊☆ベストセラーから掘り出し物まで☆ TOP  >  スポンサー広告 >  小説  >  SF小説 >  SF 惑星カレスの魔女

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SF 惑星カレスの魔女

惑星カレスの魔女

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのはジェイムズ・H. シュミッツ惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)です。

この作品は1966年にジェイムズ・H. シュミッツの手によって書かれ、ヒューゴー賞候補になったものを1996年に創元社が発行した物ですが、創元社による発行以前にも新潮社から発行されていた、非常に息の長い作品といえます。
本書は、表紙を宮崎駿が描いていることから、宮崎駿ファンの方の中にもこの作品を手にとったことのある方も多いのではないかと思います。私も、この作品を手に取ったのは表紙の影響によるものでしたので、この表紙で作品を発行したことは戦略的には成功しているのではないでしょうか?

しかし、表紙が魅力的でも内容がつまらなかったら・・・と言う心配は本書においては全く必要ありません、宮崎駿が表紙を提供する時点でも面白さが保障されたようなものですが、非常に面白いSF冒険活劇となっています。まず、本書に登場する、「魔女」という存在は、色っぽいけど危険な女性を比喩するものではなく、ミリタリーSF小説などではなかなかお目にかかることのできない、いわゆる「魔女っ子」である点が私にとっては非常に新鮮で(1966年の作品に新鮮味を感じられるのがSFの面白いところですね)彼女達の生き生きした描写を追っているうちにあっという間にラストへたどり着いてしまう、非常にテンポの速い作品です。

また、登場人物というか、登場思念体とでも呼ぶのか、ヴァッチという存在が物語の進行にも非常に強く関わってきますが、その印象はまるで、スタートレックの「Q」そのものとも思えるようなもので、案外、この作品がスタートレックに与えた影響も大きいのでは?などといってしまうと、全国のトレッキーの皆さんに怒られてしまいそうですが、非常にいいキャラクターですね。

硬派なSFの合間にちょっと息抜きできる非常にお勧めの一冊です。


惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)
(1996/11)
ジェイムズ・H. シュミッツ

商品詳細を見る
関連記事
[ 2011/02/27 22:54 ] 小説 SF小説 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【SF 惑星カレスの魔女】
こんばんは、ノエル・ギャラードです。今夜紹介するのはジェイムズ・H. シュミッツ惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)です。この作品は1966年にジェイムズ・H. シュミッツの手によって書かれ、ヒューゴー賞候補になったものを1996年に創元社が発行した物ですが、創元社による?...
[2012/05/04 10:09] まとめwoネタ速neo
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ノエル・ギャラード

Author:ノエル・ギャラード
197X年生まれ

全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
3569位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
36位
アクセスランキングを見る>>
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。