アクセスランキング
ノエル曹長のお勧めこの一冊☆ベストセラーから掘り出し物まで☆ TOP  >  スポンサー広告 >  一般書籍  >  専門書 >  クルマはかくして作られる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クルマはかくして作られる

クルマはかくして作られる

こんばんは、ノエル・ギャラードです。

今夜紹介するのは福野礼一郎、クルマはかくして作られる(別冊CG)です。

本書は、自動車評論家である、福野礼一郎氏が「CAR GRAPHIC」誌上で1998年10月号~2000年10月号にかけて連載した「福野礼一郎のモノ作りの現場 クルマはかくして作られる」を一冊にまとめ二玄社によって発行された、メカフェチ・自動車フェチにはたまらない一冊となっています。

本書の中ではセンチュリーを生産する関東自動車工業株式会社に始まり、様々な自動車部品メーカーを訪問、徹底取材し、我々のような一般人が目にする機会のあまり無い自動車部品、及び、自動車の生産の現場を伝えてくれるのですが、そこはさすが福野礼一郎、というように自動車そのものと、その生産に携わる日本の自動車産業に対して、非常に細かく、鋭く捉えていますので、読み終えたあとは自分がいっぱしの自動車産業オタクになってしまったかのような充実感を得ることができます。

特に私が興味深く読んだのは「製鉄所」の頁ですが、新日本製鐵株式会社の名古屋製鐵所を取材した、著者の言葉を借りると
「クルマが真に必要としているのは偽りの甘い囁きなんかより強度と延性と靭性と硬度、最適引張り強度と最適弾性係数だ。必要なのは鉄である。もちろんクルマは昔から鉄で作られてきたが、物理の道理は今後も安く強くしなやかで高性能な機械構造体とは鉄で作られていなければならないと明確に諭している」
そうなのですが、本書が発行された2000年から10年が過ぎ、自動車のボディにはアウディの得意とするアルミスペースフレーム構造や、マクラーレンから発売されるMP-4 12CのようにCFRP(カーボンファイバー)を用いてモノコックを作成していくといった新技術がどんどん進出しているのも事実です。

まあ、それらの新素材、新技術が大衆車の世界におりてくるのは何世代もあとの話だと思いますし、なんと言っても鉄は産業のコメと言われるほどの工業国の命でありながら、日本にいると素晴らしい鉄が当たり前に使われているので感謝の気持ちを忘れてしまいそうですが、いまだに世界の最先端をひた走る日本の製鐵技術を生み出した先人の努力と、その結果生れてくる高品質な鉄によって支えられている日本の工業製品にもっと誇りを持っていきたいものです。


クルマはかくして作られる―いかにして自動車の部品は設計され生産されているのか (別冊CG)クルマはかくして作られる―いかにして自動車の部品は設計され生産されているのか (別冊CG)
(2001/04)
福野 礼一郎

商品詳細を見る


関連記事
[ 2011/02/28 19:35 ] 一般書籍 専門書 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【クルマはかくして作られる】
こんばんは、ノエル・ギャラードです。今夜紹介するのは福野礼一郎、クルマはかくして作られる(別冊CG)です。本書は、自動車評論家である、福野礼一郎氏が「CAR GRAPHIC」誌上で1998年10月号~2000年10月号にかけて連載した「福野礼一郎のモノ作りの現場 クルマはかくし?...
[2012/05/04 10:04] まとめwoネタ速neo
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ノエル・ギャラード

Author:ノエル・ギャラード
197X年生まれ

全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2049位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
24位
アクセスランキングを見る>>
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。